かんな川水辺の楽校 公開講座 2018年9月8日本文へジャンプHOME  





2018年9月8日、美九里公民館で今年3回目の「マムシの学校」を開きました。
内容を広げ、水辺の安全教室と題しました。

演者の高橋さんから、「平成30年7月豪雨」で広島へ支援に行かれたお話もご紹介いただけると伺っておりましたら、
台風21号の大阪の被害に続き、翌6日未明に北海道胆振東部地震が襲い、怖い程のタイムリーな話題になってしまいました。

被害にあわれた皆様に、心からお見舞い申し上げます。


なお、今回はかんな川水辺の楽校のルーツ地元美九里東小学校で、今年度から活動を開始した
藤岡市立美九里東小学校コミュニティハウスさんと共催での開催となりました。
心から感謝です。

参加者は沼田から参加の方や地元の方など、約20名ほどでした。




コミュニティハウス斎藤代表から主催者挨拶。


「ストップ!河川水難事故〜急な増水に備えて〜」
高橋 征士さん (高崎河川国道事務所)


講 演 要 旨

 水難事故に遭わないためにどうすれば良いのでしょうか。
自然が豊富な水辺である川で遊ぶのはとても楽しいことですが、急な増水がおそってくることがあります。それから逃れるためには、準備のとき、川に着いたとき、やるべき事があります。土石流などには前兆現象があり、それらを知っておくことで逃げ時を知ることが出来ます。
このことについて皆さんにお伝えしました。
 また、平成30年7月豪雨の状況を示し、施設では防ぎきれない洪水が必ず発生するという意識を持つことが大事ということ、大雨による災害とはどんなものかということをお伝えするとともに、国土交通省が組織するTEC−FORCEの活動やその役割などについても説明させて頂きました。
今回お伝えしたことにより、水災害での逃げ遅れゼロに一歩でも近づけたらと思います。



「ヘビの見分け方と毒咬傷について」
堺 淳さん(一財)日本蛇族学術研究所



配布資料は「ヘビの判別と毒蛇咬症の診断について



蝮の柄がきれいに見えていますね。

資料「ヘビの判別と毒蛇咬症の診断について」pdf    案 内 


 :かわげら通信・カワゲラの会 /やりたなごの会/ かんな川水辺の楽校便り/ ヤリタナゴ保護ネット 
直線上に配置