パンフレット  ちょっとわかりづらいですが… 研修・その他いろいろ高崎河川工事事務所
平面図 準備会から推進協議会へリンク・組織「かんな川水辺の楽校に生息する絶滅危惧種たち」はこちらから



かんな川水辺の楽校便り

かんな川水辺の楽校 生き物図鑑
 かんな川水辺の楽校の
生き物図鑑

作成:小西委員
 
 
  

講師紹介
 
県立自然史博物館
大森さん

水産試験場
久下さん

水産試験場
重田さん

日本野鳥の会群馬
代表 浅川さん

ぐんま昆虫の森

茶珍さん

水産試験場
新井さん

自然史博物館
高橋さん 

水産試験場
 渡辺さん

高崎経済大学
 飯島先生

群馬高専 宮里先生

日本チョウ類保全協会
松村委員 

水産試験場
田中さん

日本ビオトープ管理士会
小西委員 
  

群馬昆虫学会
 堀口さん

日本野鳥の会群馬
 山崎さん

 水産試験場
鈴木さん

ヤリタナゴ調査会
斉藤さん

水産試験場
小野関さん(旧姓)


 激動のせせらぎ水路

2016.4 改修

       開校までの経緯  

 2002年4月、美九里東小学校に自然環境クラブができました。
 元気のいい子供たちと、フットワーク最高の斉藤先生がいました。その斎藤先生から声がかかり、カワゲラの会もサーポーターになりました。ヤリタナゴ調査会さん、昆虫の松村さん、野鳥の会の清水さんが一緒にサーポーターになってくれました。
 
 活動テーマは「ヤリタナゴを取り巻く環境について調べよう!」
 
 藤岡土木事務所は毎年川作り教室、市農村整備課はほじょう整備勉強会を現場で開いてくれました。県河川課岸田係長も応援してくれました。
 
 学校のすぐそばに神流川があり、そこには三好さんを先頭にがんばる、できたての市民手作りパークゴルフ場もありました(藤岡パークゴルフ協会)。

 その川原に、2004年4月、国交省高崎工事事務所から「水辺の楽校プロジェクト」について提案があり、サポーターを中心とした市民団体と藤岡市と国交省で会議と見学会を重ね、登録手続きを経て、2010年7月5日「かんな川水辺の楽校」として開校を迎えました。

 開校式 
群馬県環境ボランティア団体 
神流湖の陸封アユ  

藤岡市広報「藤岡元気人
2018年度の予定

5月2日(水) 春の遠足終了
神流小・第一小・平井小来校!
約200名の賑やかな日になりました。


公開講座
4月24日(火)
 
第5回「マムシの学校」
 会場:平井小学校(終了

6月6日(水)午後1:40〜15:10
 第6回「マムシの学校」

水辺と野山の安全教室
  会場:藤岡工業高校

・7月3日
 
川の安全教室ライフジャケット体験
 美九里東小学校5・6年生対象


8月10日(金)
みんなで探そう「夜の昆虫探検」

第7回「マムシの学校」
水辺の安全教室 
会場:美九里公民館

・公開講座
  
10月20日(土)10:00〜12:00
放射線の基礎と群馬県の放射線対策
 
 〜水辺の生き物の放射性セシウムについて〜

 
会場:藤岡市平井公民館


 



2019.1.26(土)野鳥観察会


 


2017年度
2016年度

2015年度  2010〜2014年度
 ・
活動の一覧 
 
:かわげら通信・カワゲラの会 /やりたなごの会/ かんな川水辺の楽校便り/ ヤリタナゴ保護ネット 
直線上に配置
カワゲラの会はかんな川水辺の楽校の活動に参加協力しています