ヤリタナゴ

藤岡の魚と遊ぼう
やりたなごの会


     

 「やりたなごの会」は、「カワゲラの会」を主体として、2003年に創った会です。
 藤岡南部ほじょう整備地区に作られることになった「環境水路」の
維持管理をすることが目的でした。
 初代会長は、長年水辺の環境を守る活動を続けられてきたサムエル幼稚園理事長
水沼先生が引き受けてくれました。
最初の仕事は
藤岡南部に残る貴重な植物の保護対策」と、
その手段としての
藤岡北高校絶滅危惧種移植でした。
読売新聞・上毛新聞(03/05/13) 上毛新聞(03/05/16 

圃場整備が終わり、環境水路の維持管理は、一帯を地元区で行われました。
やりたなごの会は解散せず、岡之郷用水のヤリタナゴ保護活動に協力してきました。
地元区の管理も5年で終了し、この水路は藤岡市農村整備課の管理となりました。
オオカワヂシャやホナガカワヂシャが侵入しています。
そろそろ水路内の草取りをさせていただこうと思います。


学校ヤリタナゴ
2016年9月16日(金)、群馬県水産試験場と藤岡市文化財保護課が、希望のあった市内の
小中学校にヤリタナゴの再配布を行いました。ヤリタナゴの会も協力させていただきました

ヤリタナゴ配布経緯メモ /  広報2001.1・2 / 再配布2016.9.16 / 学校訪問2018.10.10

     
       
 環境水路の作業日誌
 
 除草作業ボランティアさん(募集中)
2019の作業日
3.30(終了) チャイルドホープ・上小鳥さん(初)
5.26(終了) 藤工環境活動プロジェクトさん
6.8(終了) チャイルドホープ・上小鳥さん
6.26(予定)藤岡北高さん、藤岡青年経営者協議会さん

 
投稿しました
  【
上毛新聞「視点オピニオン
郷土を愛する心を育む (2018/11/16)
環境水路と動植物 生息域を守り続けたい (19.01.05)
 水生昆虫談話会会報「水辺の輪」№35(17.12.16)】
環境保全型農業用水路に
      戻り始めた水生昆虫たち

 
中村堰農業用水の魚種リスト
2018年9月15日
 第16中村堰 農業用水の生き物調べ
2017年9月16日
 第15回中村堰 農業用水の生き物調べ
2016年9月19日
 第14回中村堰 農業用水の生き物調べ

 
ヤリタナゴ観察会
   
№4(2003)№12(2011)№16(2015)
ヤリタナゴ放流の集い

(ヤリタナゴ観察会は会場が圃場整備工事中 のため、2016年から休んでいます)

 
 活動の記録
 
  間違ってた!ホナガカワヂシャ  ホナガカワヂシャ(交雑種)Veronica × myriantha Tos. Tanaka

 農業水路の生き物たち   シマドジョウとドブガイ幼生 

アイコン   概  要       アイコン  主な活動    
  
HOME:かわげら通信カワゲラの会
/ヤリタナゴ保護ネット/やりたなごの会